NAGASEグループ ナガセテクノエンジニアリング株式会社が開発・販売するフィルム検査装置SCANTEC、ELEMENTSⅡ

マーキングシステム

開放保持性及び筆記乾燥性は非常に優れたマーキングシステム

続きはこちら

画像処理:3値化

3値化処理による欠陥表示の手法を画像でご説明します。

続きはこちら

画像処理:フィルタ処理(2)

空間フィルタ処理例と多彩な画像処理機能の一例をご説明します。

続きはこちら

画像処理:フィルタ処理(1)

周辺の画素データを利用して注目画素のデータを置き換える手法「シェーディング補正」と、移動平均の考え方をより大きな範囲で適応させデータ加工を行う機能「画像強調」をご説明します。

続きはこちら

画像処理:シェーディング補正

レンズの収差、照明ムラ等を補正する方法「シェーディング補正」を画像でご説明します。

続きはこちら

光学条件による欠陥検出例

縦キズ検出の為に、カメラ照明を斜めに設置することで縦キズを検出する方法が用いられてきました。

続きはこちら

ラインセンサカメラの特徴

フィルム検査SCANTECのCCDラインセンサカメラは8192画素のカメラを採用し、1台で6台分の視野を確保することによってシステム構成の簡略化を実現。

続きはこちら

ガラス、フィルム・シートの特殊欠陥検出ノウハウ

目視、及び通常の検査では検出困難な欠陥の検出

続きはこちら

ラインセンサとは?

ラインスキャンカメラは、主にCCDイメージセンサ素子と、レンズ、ドライバー・コントロール回路により構成されています。

続きはこちら

欠陥検出例

【PETハードコート、ITO、PVA、TAC、偏光板、位相差、AG、AR、その他PE、PP汎用フィルム】の比較的多く求められる検出欠陥例です。

続きはこちら

カメラリンク中継器CLB-100

長瀬産業株式会社製カメラリンク中継器『CLB-100』はCamera LinkのBase Configuration及びMedium Configurationに準拠したカメラリンク信号を延長する為の装置です。

続きはこちら

表面欠陥検査装置とは?

初めての方にもわかりやすく表面欠陥検査装置の概要や仕組みをご紹介しております。

続きはこちら

リチウムイオン二次電池電極シート検査装置

これまでナガセが培ってきた検査技術を活かした二次電池電極シート専用検査装置です。

続きはこちら

電話03-3665-3253