NAGASEグループ ナガセテクノエンジニアリング株式会社が開発・販売するフィルム検査装置SCANTEC、ELEMENTSⅡ

FPD用フィルム検査

タッチデバイス検査への導入事例

タッチパネル構造

ナガセテクノエンジニアリングは、入力ディバイスとして脚光を浴びているタッチスクリーン(タッチパネル)タッチウインドウを生産されているお客様の「外観検査」をサポートいたします。

タッチスクリーン、タッチデバイスの製造においては、フィルムの塗工工程ではムラ、スジ等の欠点が発生しやすく、光学製品としては重大欠陥となりますので、それらのリスクを確実に検知できるラインを構築する必要があります。

ナガセテクノエンジニアリングでは、これらフィルム検査の課題を解決する様々なノウハウと実績を有しており、専門スタッフによるサポートを通じて検査装置導入までの時間短縮、手間やコストの削減を実現すると共に、検査に関する様々なノウハウを御社内部にも残します。

また、当社のフィルム検査装置 「SCANTEC」は、お客様の現場の声を結集して開発された、カスタマイズ性に優れた、超高速・超高精度の検査装置で、これまでこれまで検出不可能であった薄い凹凸、薄いスジ、ムラ、ハードコート傷の検出に寄与します。

電話03-3665-3253