NAGASEグループ ナガセテクノエンジニアリング株式会社が開発・販売するフィルム検査装置SCANTEC、ELEMENTSⅡ

表面欠陥検査装置とは?

主にフィルムやガラス、金属板など連続して生産される製品の異物やキズ、凹凸等欠陥を検査する装置です。
投光器(光源)からの光を検体(製品)を通してカメラ(受光側)で認識し電気信号に変換した後、専用ハードウェアで欠陥として認識致します。

表面欠陥検査装置概要

さらに入力された欠陥情報は専用ソフトウェアで分類、及び帳票等にまとめられて日々の生産管理にお役立て頂いております。

専用ソフトウェア
電話03-3665-3253